借金返済に行き詰まったら債務整理を検討してみましょう。
生活を改善できる突破口になるかもしれません。
債務整理には主に任意整理・過払い金返還請求・自己破産・個人再生の4つがあり、それぞれにメリットとデメリットが有ります。
任意整理は、弁護士が中心となり債権者と協議し返済金額を決定します。
そのため裁判所を通さず、官報に記載されることがありません。
一方でそのペナルティとして、債権者に対する拘束力が弱くなっています。
過払い金請求は払い過ぎた金利の返還を求めることができますが、ペナルティとしてはブラックリストに10年記載される、対象となった消費者金融とは今後取引できなくなります。
自己破産は、住宅を含めたほとんどの資産を処分するためすべての借金がなくなります。
ペナルティとしては官報に記載されるとともに、10年ブラックリストに登録されます。
また、最大半年の間は監査役や警備員、旅行業者など特定の業務につけません。
個人再生は住宅を手放したくない方に向いています。
20万円以上の価値が有るものを処分せずに利用できるほか、ギャンブルなどの遊興費が元で行き詰まっても利用できます。
ペナルティとしては官報に記載される、ブラックリストに10年登録される、債権者全てと交渉するため、手続きには費用と時間がかかります。
置かれている状況で4つの債務整理を使い分けることが大切です。

Tags :

少数の方々ですが「借金しても債務整理さえすれば借りたお金が帳消しにナルから大丈夫」と考えている方などがいます。
確かに帳消しになったり減額になる場合がありますがすべてではありません。
まずその事をわかってもらいたいです。
債務整理をすると出来なくなってしまう事などもあるので債務整理のメリット、デメリットをまとめていきます。
まず、メリットは上記していますが借金の減額、帳消しに出来る可能性があるという事です。
これは任意整理や自己破産によって変わってきます。
次にデメリットですが債務整理をする事により信用情報機関にその内容が記録されます。
それにより任意整理、自己破産などの内容により変わってきますがおおよそ5年から7年程記録を保存すると言われており、その間は他社でのキャッシングが出来なくなります。
また、クレジットカードを作ろうとすると審査で信用情報機関を確認するので審査を通ることが非常に難しくなります。
しかし、やむを得ず借金をしてしまった方からするととても心強い救済措置と言えるでしょう。
また、過払い金等の兼ね合いもあるのですぐに債務整理をせずに一度過払い金等をしていないか確認してみるのもいいでしょう。

Tags :