自己破産を検討されている方の多くが、弁護士への無料相談等をきっかけに借金の免除を受けることに成功しています。
しかし、相談は無料であっても実際に手続きを進めてもらう場合には着手金や成功報酬といった形で弁護士や司法書士などの専門家に費用を支払う必要があります。
弁護士に支払う必要のある費用は20万円から40万円程度が相場です。
その内訳は実際に手続きを開始してもらうために支払う着手金、裁判所への予納金(手続きを途中で投げ出してしまうことを防止するために預けるお金)、実際に免責になったときに支払う必要のある成功報酬などがあります。
自己破産は手続きを行う際に処分する(換金する)ことのできる財産があるかどうかによってもかかる費用がかわります。
詳しくは無料相談で専門家から説明を受けることができますが、まったく換金できる財産がない場合の破産手続き(同時廃止といいます)よりも、財産がある程度ある場合(管財事件といいます)の方が専門家に支払う費用も大きくなります。
自己破産についての詳しい情報はインターネットなどでも調べることは可能ですが、「自分の場合に当てはめるとどうなのか?」ということはやはり専門家への相談が必要です。
弁護士合同の無料相談会なども上手に活用して、情報を集めるようにすると良いでしょう。