会社の経営状況が思わしくない場合には、債務整理をして債務の返済期間の延長が出来る場合や、特別調停などをもし立てることで、その債務の減額などを行える可能性がありますから、法人で債務を抱えている場合には、会社更生のための第一歩として債務整理を行うようにしましょう。
弁護士に相談すればその法人の債務状況などをよく調べてから、どういった方法で整理をするのがベストかを選んでくれます。
破産宣告が必要な場合には、破産の手続きも依頼できるので、すべてを清算するために破産を考えている方は、法人の債務整理を得意とする弁護士に依頼しましょう。
依頼内容によっては相応の費用がかかる場合もありますが、事後に分割して支払ったり、着手金無しで依頼を受け付けてくれるケースもあります。
費用面で相談したいことがある場合にも、ある程度は交渉に応じてくれますから、弁護士費用についても余裕が無い企業の方は、ぜひ相談して分割払いしましょう。
法人の債務整理を行うことで、会社の財務状況の健全化にもつながります。
存続していく方針の場合でも、事業をすべて清算する場合にも、法人専門の債務整理をしている弁護士に相談して解決を依頼するとよいでしょう。