債務整理とは借金の支払いが困難になった場合に行う救済措置のことを言い、主に過払い請求・任意整理・自己破産・個人再生の4種類あります。
これらの処理を行うことにより、思い借金から解放されることもある為、利用する人も多いです。
しかしお金を借りるときに連帯保証人を誰かに依頼したという人も中にはたくさんいます。
債務整理を行った場合、連帯保証人はどうなるのかというと、基本的には債権者から債務者に代わりお金を請求されます。
なぜかというとたとえ債務者が債務整理を行って支払いを免れたとしても、連帯保証人までは支払いを免れることが出来ないからです。
特に深刻なのが自己破産と個人再生です。
なぜかというと全ての債務を対象として整理される為、債務整理によって支払いが行われなくなった金額の全てを連帯保証人が受けなければいけないからです。
また債務者が自己破産や個人再生を行った場合、債権者である金融機関から保証人に一括請求による強制執行を行われる事も多いです。
その為支払いが出来なければ最悪の場合、保証人は借金返済の為に給料の差し押さえや財産(家や土地)などを取られてしまうことも考えられます。
ですので万が一借金が返せなくなり保証人が要る場合は、必ず保証人に相談するようにしましょう。
また連帯保証人は責任がとても重い為、たとえ身内であってもならないことをお勧めします。