借金による困窮や貧困から債務者を救済する目的で設けられているのが債務整理の制度ですが、債務整理の手続きはいくつかの種類があります。
借金による困窮や貧困の度合いが非常に高い場合には自己破産という制度がありますし、比較的困窮の度合いが低い場合には任意整理の手続きをすることになります。
このように債務整理にはいくつかの手続きがあるのですが、その限度額に関しては民事再生のみがその上限を規定されています。
そのため、任意整理をする場合、いくらまでがその手続きをできるといった具合に限度額というものはありません。
しかし、常識的に考えて売却をすればかなりまとまった金額となる自動車や不動産を所有しているような人の場合には、それらの財産を手放せば借金を整理できると判断されます。
それとは逆に年収の少ない人が多額の借金を抱え込んでしまった場合には借金を返済していくのは困難だと判断されることになります。
そのため、任意整理をする際の限度額については債務者の所有している財産や借金の総額を照らし合わせて判断されることになります。
また、任意整理の場合、借金が自己破産のように免責されることはなく分割して返済をしていくことになりますが、その際に支払える金額が限度額であると考えることもできます。